アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日々の覚え書き
ブログ紹介
 健康に関する話題や読んだ本〈やや古め〉の内容について、自分用のメモ帳として日々の覚え書きを書いています。 なお、過去の記事内容については、加筆・修正されることがあります。 
[Amazon.co.jpアソシエイト]

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
オフィスの人口密度と生産効率
 残業が多いが、日本の生産効率はそれに伴っておらず低いという記事をしばしば見かける。これは個人的に1日のうちのペース配分を意識的にしろ無意識的にしろ行うという面もある。また残業をすることが慣習となっているので、会社自体の中で仕事のための仕事というか残業するための仕事を作るシステムができてしまいがちになる。しかし、そういった皆で一緒になって頑張ろうというシステムがあるからこそ結局は各自が助けられている面も大きいとは思う。雇用面からは感謝するべきものかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 00:16
視点とパース
視点とパース  ちゃんとした漫画やイラストを描くのにはパースをつかいこなす事が重要とされている。パースとは特定の個人の主観的な視点の寄せ集めではなく、客観的に統合された視点に基づく世界の規準的な描写方法と言えるだろう。ダ・ヴィンチのような昔の人は絵画のためにいろいろな科学知識を常に活用していたと思う。アイレベルやパースはかなり意識して早めに身に着ける必要がある。後から直そうとしても、もういいやという感じになってしまう。すると本人は良いのだが、見る方は不自然に感じてしまうので最初から作品に入っていけなくなる。昔... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 21:32
食パン代りのホットケーキ
 食パン1斤は標準重量が水分込みで340gとなっているようだが、小麦粉としては250g前後が使われているらしい。通常は砂糖を1割ぐらい含んでいるかも知れない。バターやマーガリン、塩等を加えれば重量はより増えるだろう。重量単位としての1斤は本当は600gだが、食パンの1斤はかなり目減りした重量になっているようだ。これが安いものでは80円台ぐらいから売られている。  パンには強力粉または準強力粉が用いられている。一方、ケーキ等の菓子類には薄力粉が使われる。粘りを出すグルテン量が強力粉は多く、薄力粉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 00:31
初期の合気道
初期の合気道  合気道の形成過程については、既にいろいろな立場から書かれたものが多くあるが、「近代武道・合気道の形成」は学問的かつ客観的な立場でいくつかの論文をベースに纏められている。一般向けの紹介書ではないので、既に合気道を実践していてその武術史にかなりの興味を持っている人が読者対象となる。合気というものを合気道・大東流及び他武術の中に精神・思想的な意味合いと合気之術という技術的な面から調査・検討している。ボリュームは400頁を越えており関連文献の出典が多く含まれている。これに従って合気や気合術等のテーマに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/10 21:55
虹色に輝く石
 子供の頃に仲間と近所の裏山を散策していた。当時は宅地開発が周囲で進められており、多くの小山や丘がどんどん削り取られていって平地になりつつあった。残っていた裏山の奥を歩いて開けた場所に出ると、細かい砕石の山が積まれていた。その山は20メートルぐらいの範囲で大量にあって、山全体が日の光に照らされて不思議な虹色に輝いていた。虹色の砕石は5センチ前後の大きさに砕かれており、その破砕面は丁度新しいアスファルトの表面がコールタールから滲み出た油膜で虹色に輝いているのとそっくりな感じだった。砕石はアスファル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 21:30
猫のデコルテとフクロウの首
猫のデコルテとフクロウの首  最近に「けものフレンズ」というアニメがヒットしていたようだが、動物が人間の形状に擬人化されたものだった。擬人化するにも最初に動物の知識がかなり必要だろう。動物の簡単なマンガイラストを描いてみる場合に、何も見ないと関節ははたしてこう曲がるのかとかなり怪しくなってきてしまう。動き方となればなかなか検討がつかない。馬の走り方だって高速撮影をしないとよくわからないだろう。  「動物デッサンの基本」は同じナツメ社から出ている美術テキストのシリーズの中でも一番すぐれた書だと思う。本格的な動物の美術解剖学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 23:10
キャベツの黒点
キャベツの黒点  キャベツの葉にプツプツと黒点が並んでいることがある。葉の切り口が時下が経過すると全体が次第にくすんで黒っぽくなっていくのはおなじみの酸化によるものだが、そう簡単にはこの黒点ほどにまで黒くなることはない。  一般的な原因としては栄養不良や病原菌・虫害等も有り得るようだが、春キャベツの時期に現れるものは冬の期間に葉に氷粒が付着していたことが原因であることが多いらしい。キャベツの層の内部に温度差がある時に水分が葉の一部に結露ができ汗をかいたようになる。温度が氷点下にまで下がってそれが小さい氷の粒々... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 21:08
地政学あるいは経済学・ゲーム理論の学習のきっかけ
地政学あるいは経済学・ゲーム理論の学習のきっかけ  表面的には平和に見える状況であるように見えても、実際のところでは政治・経済やビジネスの場においてさえ常に戦略・戦術という言葉は使われている。戦う手段は武器でなく金あるいはメディアになっているが、競争社会に対しては共存共栄というばかりでは生き残ることが出来ない。経済的には3番手ぐらいまででなければ生き残っていくことは困難だし、資本社会では10年ぐらいで規模を倍にするぐらいの成長率が必要だからだ。  歴史情勢に疎い自分が地政学に初めて関心を持ったのは、「無形化世界の力学と戦略―理系からの解析は戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 21:29
運動による心肺機能・血流量の変化
運動による心肺機能・血流量の変化  運動をすると心肺機能が向上するということは何となくわかってはいても、外から発達の度合いが見て取れる筋肉とは違い、心臓・肺・あるいは血管系にどのような変化が起きているのかについて自分はあまり調べていなかったことに気がついた。専門のスポーツ選手だとスポーツ心臓と呼ばれるように心臓(左心室)に特徴的な変化が起きることがあることが知られている。右心室は肺への血流に特化しているので比較的流れやすく主に心拍数の増加で対応しやすいのであまり変化がないのだろう。左心室は全身への血流に対応しなければならないので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 22:47
乾燥肌のクリーム
乾燥肌のクリーム  「皮膚の医学―肌荒れからアトピー性皮膚炎まで」を読むと、乾燥肌は男性ホルモンの減少によって起こるので子供や老人に多いと書いてある。何となくしっとり肌は女性ホルモンというイメージがあったので意外だった。本書は皮膚の研究者が自分の研究のエピソードを交えつつ、皮膚の全般に関する医学的内容を説明している。興味深く読むことが出来る名著と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 22:55
季節病・気象病と気圧
季節病・気象病と気圧  気圧の影響で頭痛が起こるので今はどの程度の気圧かわかる、とある知人が言っていた。 特に敏感な体質なのかもしれないが、変動が極端な場合は多くの人が影響を受けているのかもしれない。 気象変動によって起こる症状全般は気象病と呼ばれている。 もちろん温湿度変化の要因が最も大きくからんでくるのだろうが、気圧の影響についても考えてみる。  気圧変化がどのように体調変化を及ぼすのだろうか。 高山では低気圧による酸素濃度の低下が深刻な状態を引き起こすことがしばしばあるが、それ以前に まず内耳には真っ先に気圧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 23:19
「地獄から来た女ドラゴン」ジュディ・リーの未公開作品
「地獄から来た女ドラゴン」ジュディ・リーの未公開作品  70〜80年代のカンフー女優でジュディ・リー(Judy Lee,)という人がいた。 風貌は由美かおる似であると言われる。 台湾出身で漢字では嘉凌(Chia Ling)と書かれており、こちらの名前で呼ばれることもある。 欧米のカンフー映画ファンにはものすごく有名で何十本もの出演作が知られているが、日本では「地獄から来た女ドラゴン」1本が有名になっているぐらいだ。 ほとんどの作品は日本のメディアではなぜか公開されていなかったので、他の作品はカンフー映画のマニアぐらいしか知らないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/03 23:07
紙粉によるくしゃみ・鼻水
 数日以上の期間に紙束を大量に扱う作業をすると突然くしゃみが出てくることがある。 書類をめくるぐらいだとまだいいが、大量にプリントアウトしたり、シュレッダーで裁断したりすると紙の表面や断面から大量に紙粉が発生する。 自分で確認してみたが、直射日光が差し込むような場所で作業をしてみれば、もうもうと微細な粒子が紙から発生しているのが一目瞭然だろう。 いわばコショウの粉を撒いた状態で作業するのと同様な状態になって、紙粉が鼻粘膜を刺激するのだろうと思う。 とりあえずはマスクをして対応するしかないが、眼に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 21:12
蒸しタオルでリラックス
蒸しタオルでリラックス  パソコンで座り作業をしていると下肢の冷えを感じるようになったので、温感療法のようなものを試してみる。 マッサージや歩行・足踏みをしても暖めるのはなかなか時間がかかる。 それよりは直接暖める方が即席に血行が回復するし、リラックス効果が高いと思う。    「たった5分で体が変わる すごい熱刺激」という本には、かるく絞った程度の濡れタオルを電子レンジで加熱する方法が紹介されている。 カイロや湯たんぽでも良いのだろうが、お絞りタオルもなかなかお手軽なので試してみる。  本には@蒸しタオルを直接使... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 23:39
セーターの虫喰い
セーターの虫喰い  昨年のうちにセーター2着が虫に喰われていた。 1着はところどころだが割と規則的な位置に小さな穴が開いている。 穴位置の様子から虫の行動を推察できる。 網目に沿ってある距離だけ移動する。 そこで腹が減って齧り、場合によっては90度向きを変えてまた移動する、重なった場所に移るといった感じでなかなか行儀が良いようだ。 これなら何とか修繕できるかもしれない。 もう1着は絶句するほどボロボロの状態になっており、数センチ程度の大きな穴があちこちに開いている。 こちらの虫はかなり乱暴な大食漢だったのだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 18:41
血管マッサージ
血管マッサージ  ガン細胞は通常細胞より2度ほど熱に弱く、42度程度で死滅する。 心臓がガンにならないのは常時心筋が運動しており、体温が高い臓器であることが大きな要因と考えられる。 また酸素にも弱いことから身体の血行不良がガン化を起こしやすい要因となっているという。 ガンの増殖には大量のブドウ糖を要することから高血糖もよろしくない。  血行を高めるためにはある程度の頻度で運動を習慣化することが一番良いのであるが、体力の弱った人のための補助的手段として血管マッサージも薦められている。   血管マッサージについ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 22:03
麺を啜る音
 多くはそばだが麺を啜る音というのはどのようにして発生するのだろうか。 推測してみると麺を口元で吸い込むときに 麺つゆに気泡が発生して破裂音となって口腔で共鳴するように思われる。 まず単純にモデル化しながら考えてみる。 水を口に含んで、顔を下向きにして口元をすぼめつつ少しづつ空気を吸ってみる。 当然ながら麺を啜る音とは全く異なる音が発生する。 ゴボゴボとかジュルジュルとかそんなものだ。 発生する気泡が大きすぎるのかも知れない。 口をすぼめるほど鳥の鳴き声のように音は高くなっていく。 しかし、唇と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 20:42
中国ホルモン剤の歴史
中国ホルモン剤の歴史 中国科学史家のニーダムによると、古代・中世の中国科学はかなり先進的なものであったようだ。 ニーダム全集のテンプルによるダイジェスト版「図説 中国の科学と文明」を見ると、世界で初めて性ホルモンを抽出して結晶化まで行っていたという。 大量の尿を煮詰めると言うと一見怪しげな魔術か道術のようであるが、11世紀以降の文献には結晶の昇華特性まで記述されているという。 本書は古代文明が好きな人には図版も多く、天文学・工学・音楽等の楽しめる題材が満載されている。 オーパーツとはいかないまでも古代中国の優れた発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 22:01
古神道と数学
古神道と数学  ピタゴラスの4元数(テトラクテュス)に興味を持っても、内容自体が秘密であっただろうからか、あまり詳しい内容がわからない。 弟子ですら直接に姿を見たことがなかったと言われているぐらいだ。 「ピュタゴラスの音楽」によると後から作られたものほど詳しい話になっているらしい。 教義についても輪廻転生を唱えていたということぐらいで、ピタゴラスの数秘術のようなものは近代から現代に作られたものだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 22:03
イオンクラフトの原理と注意
イオンクラフトの原理と注意  はるか昔に内田秀男という工学の先生がイオンクラフトを飛ばしていた時期があった。 今でも高校の物理クラブなどでたまに実験していることがあるようで、浮上に成功した動画を見かけることがある。 ある科学工作サイトでは実験方法を載せたいが、高圧事故が懸念されるので断念したというようなことが書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 22:54

続きを見る

トップへ

月別リンク

日々の覚え書き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる