峰隆一郎 主人公&作品リスト

 峰隆一郎の時代物は剣術シーンが好きで大体読んでいる。浪人ものは数多いので、いくつか読むとマンネリなところもないではないが、気軽に浪人気分になれることもあり、雰囲気は気に入っている。一応主人公と題名を並べておくが、漏れがあるかも知れない。電子書籍でKindle版やeBookを探せば、入手できるものも増えている。

【明治人斬りシリーズ】 初期に読んだので、明治ものの印象は強い。
叶弦三郎     「明治暗殺伝-人斬り弦三郎-」
二階堂晋介    「明治・人斬り伝-秘剣・二階堂流-」
石動重左     「明治讐鬼伝-魔剣・神陰流-」
早乙女魁     「明治剣鬼伝-妖剣・無眼流-」
不破亮之介    「明治殺人剣-餓鬼・不破亮之介伝-」

【人斬り俊策シリーズ】 剣術シーンがスピーディで、幕末の雰囲気も出ている。
風戸俊策    「新幕末風雲録-ある天才剣士の青春-」
風戸俊策    「新幕末風雲録2-清河八郎暗殺編-」
風戸俊策    「新幕末風雲録3-桂小五郎襲撃-」
風戸俊策    「新幕末風雲録4-西郷隆盛の密命-」
風戸俊策    「新幕末風雲録(完結編)-勝海舟と西郷隆盛-」
風戸俊策    「明治暗殺刀 -人斬り俊策-」
風戸俊策    「明治凶襲刀 -人斬り俊策-」

【人斬り弥介シリーズ】
小田丸弥介  「人斬り弥介」
小田丸弥介  「平三郎の首 人斬り弥介 その二」
小田丸弥介  「暗鬼の剣  人斬り弥介 その三」
小田丸弥介  「修羅が疾る 人斬り弥介 その四」
小田丸弥介  「斬刃     人斬り弥介 その五」
小田丸弥介  「非情の牙  人斬り弥介 その六」
小田丸弥介  「埋蔵金の罠 人斬り弥介 その七」 
小田丸弥介  「殺刃     人斬り弥介 その八」

小田丸弥介  「密書  新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「凶賊  新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「狼たち 新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「白蛇  新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「暗殺  新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「牙と芽 新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「翁党  新・人斬り弥介」
小田丸弥介  「化粧鬼 新・人斬り弥介」 弥介は脇役に回っているが、死に狂いの浪人描写が凄い。
小田丸弥介  「甲州金 新・人斬り弥介」 (後半部は宮里洸氏により補完)

【柳生十兵衛シリーズ】
柳生十兵衛  「柳生十兵衛」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《龍尾の剣》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《逆風の太刀》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《剣術猿飛》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《兵法八重垣》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《月影の剣》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《無刀取り、四十八人斬り》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《斬馬剣》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《極意転》」
柳生十兵衛  「柳生十兵衛 《無拍子》」
最初の1巻のみ劇画化 「神陰流柳生十兵衛伝 鬼刃 KIJIN」(飛翔篇)

【宮本武蔵シリーズ】  
 女好きで風呂にも入るところは他作家の武蔵と違うはずだが、峰作品の浪人キャラクターの中では、割と普通な感じがする。
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(一) 白刃の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(二) 青狼の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(三) 修羅の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(四) 剣鬼の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(五) 斬狼の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(六) 餓虎の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(七) 龍祥の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(八) 腥血の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(九) 牙狼の篇」
宮本武蔵   「素浪人宮本武蔵(十) 無常の篇」

■剣豪もの
塚原ト伝      「日本剣鬼伝~塚原ト伝」
宮本武蔵      「日本剣鬼伝~宮本武蔵」
伊藤一刀斎     「日本剣鬼伝~伊藤一刀斎」
柳生兵庫助     「日本剣鬼伝~柳生兵庫助」
小野次朗右衛門   「人斬り善鬼~日本剣鬼伝 小野次朗右衛門」
小野次郎右衛門   「剣鬼、疾走す~小野次郎右衛門伝」
針ヶ谷夕雲      「剣鬼・針ヶ谷夕雲」
松林蝙也斎     「蝙蝠の剣~剣鬼・松林蝙也斎」
樋口又七郎定次   「蟹足の剣~剣鬼・樋口又七郎定次」
根岸兎角      「剣鬼・根岸兎角」
真里谷円四郎   「円四郎斬鬼剣」

【蛇目孫四郎シリーズ】  
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~殺し家業・十五屋」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~女人連綿」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~正雪の黄金」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~桃色寺」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~老中斬り」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎斬刃帖~首切り」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎人斬り控~修羅の緑石(いし)」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎人斬り控~修羅の悪女」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎人斬り控~修羅の首」
蛇目孫四郎  「蛇目孫四郎人斬り控~修羅の手籠め」

【刀根又四郎シリーズ】 又四郎の身に危険が迫ると、半鐘の音が聞こえてくる。
刀根又四郎  「餓鬼が斬る」 (『餓鬼転生』改題)
刀根又四郎  「孤狼が斬る」
刀根又四郎  「邪鬼が斬る」
刀根又四郎  「青狼が斬る」
刀根又四郎  「魅鬼が斬る」
刀根又四郎  「妖姫が斬る」
刀根又四郎  「恋鬼が斬る」
刀根又四郎  「用心棒が斬る」
刀根又四郎  「富札を斬る: 無頼浪人活人剣」
刀根又四郎  「奸賊を斬る」

鏑木兵庫  「元禄斬鬼伝1 奈落」
鏑木兵庫  「元禄斬鬼伝2 羅刹」
鏑木兵庫  「元禄斬鬼伝3 阿修羅」
鏑木兵庫  「元禄斬鬼伝4 夜叉」

嘉門十蔵  「慶安素浪人伝一~白狼の剣」
嘉門十蔵  「慶安素浪人伝二~青狼の剣」
嘉門十蔵  「慶安素浪人伝三~赤狼の剣」

下斗女多門  「幕末御用盗~人斬り多門」
下斗女多門  「幕末御用盗~凶賊疾る」
下斗女多門  「幕末御用盗~咬む狼」

石動兵助  「信長秘記~兵助が斬る」
石動兵助  「信長秘記二~城主を殺せ」
石動兵助  「信長秘記三~髑髏」

石動十三郎  「用心棒 石動十三郎」
石動十三郎  「烏川 用心棒・石動十三郎」

新納鶴千代  「幕末斬鬼伝~大老の首」 
新納鶴千代  「幕末斬鬼伝~異人斬り」

虚陰十郎  「虚陰十郎必殺剣 冥府の妖鬼」
虚陰十郎  「虚陰十郎必殺剣 斬人無慙」

【千切良十内 十五屋シリーズ】  十五屋とは馬針や地蔵担ぎ等の殺し技を使う仕置き人のことだ。
千切良十内  「殺し家業 千切良十内」
千切良十内  「殺し家業 千切良十内~殺し金千両」
千切良十内  「殺し家業 千切良十内~殺し人別帳」 (『千切良十内殺し控』改題)
千切良十内  「三日殺し 千切良十内必殺針」

柘植修理介     「御用盗疾る」
秋葉右近      「暗殺 密書街道」
志良堂兵庫     「白狼の牙」
浮田孫十郎     「修羅の爪」  (『淫刀痣丸』改題)
結城鬼三郎     「白蛇斬殺剣」 (『白蛇比丘尼異聞』改題)
比留間十三郎   「修羅の系譜」
八木又四郎     「阿修羅の女族―元禄妖魔譚」
印堂集九郎     「唐丸破り―血しぶき三国街道」
琥珀凶兵衛     「ごろつき狼凶状旅」
葉月六郎太     「野良犬の群れ 葉月六郎太斬人覚」
残馬左京      「餓狼の剣」

■復讐・仇討もの    読んでみると、このジャンルに傑作・力作が多いことがわかる。
水流丸石見       「夜叉の剣」 (『復讐鬼』改題)
法眼又一        「鬼神の剣」 (『讐鬼の剣』改題)
高柳又四郎       「炎鬼の剣~高柳又四郎伝」
時雨掃部        「飛騨の牙」
西水又七郎       「秋月の牙」
刈谷兵介        「相馬の牙」
柿崎主水        「会津の牙」
猿丸周介        「越前の牙」
水無流三郎       「奥州の牙」
羅宇甚八        「加賀の牙」
佐々木九郎右衛門  「日本仇討ち伝~邪剣」
奥平隼人        「日本仇討ち伝~烈剣 江戸浄瑠璃坂の対決」
生田伝八郎      「日本仇討ち伝~凶剣 崇禅寺馬場の死闘」

■好色もの
織田信長  「織田信長女色絵巻」
織田信長  「織田信長 一妻六妾伝」
足利尊氏  「足利尊氏 女太平記」
春日局   「大奥秘交絵巻 春日局」 家光の描写が面白い。
武田信玄  「信玄女地獄」

■新撰組 自分は新撰組自体があまり好きではないが、一応読んだ。
土方歳三   「土方歳三(一)試斬」
土方歳三   「土方歳三(二)壬生狼」
土方歳三   「土方歳三(三)新撰組」
岡田以蔵   「剣鬼岡田以蔵《修羅の編》」
岡田以蔵   「剣鬼岡田以蔵《獄門編》」
岡田以蔵   「剣鬼 岡田以蔵」
芹沢 鴨   「新撰組局長首座 芹沢 鴨」
仏生寺弥助   「剣鬼・仏生寺弥助」
佐々木只三郎   「剣鬼・佐々木只三郎」

■短編集
「孤狼の牙」
「狼の剣」
「奈落の稼業」
「江戸仇討慚鬼伝」
「江戸仇討点鬼簿」
「江戸暗闇犯科帳」
「戦国忍者残酷帖」

■選集          
「日本剣鬼列伝」中の 京洛の斬刃剣
「夢魔の陽炎」中の  旗本殺し 
「落日の兇刃」中の  落日の兇刃   
「素浪人横丁」中の  八辻ヶ原  

■エッセイ
人斬りの秘伝書―「かたち」ではない、「怖さ」を知らねば解らない
武蔵を斬る―「五輪書」の真相
剣豪はなぜ人を斬るか―心と技に命をかけるとは
名将の戦略と用兵―強力な兵をつくる人間活用術

■現代の探偵もの 浪人ものと違って、まだ読んでいないものが多い。

五貫吾郎 鎌倉・江の島殺人特急
五貫吾郎 熊本発「みずほ」殺人連鎖
五貫吾郎 山形新幹線「つばさ」の女
五貫吾郎 上越新幹線あさひ殺人事件
五貫吾郎 青森発「鳥海」殺人二重奏
五貫吾郎 大阪発「トワイライトエクスプレス」殺意の旅
五貫吾郎 洞爺発「北斗5号」殺人事件
五貫吾郎 特急「あずさ」殺人事件
五貫吾郎 特急「オホーツク」さいはての女
五貫吾郎 特急「ゆふいんの森」殺意の女

高比良亮 戸倉上山田殺人事件
高比良亮 高松発寝台特急「瀬戸」の殺人
高比良亮 別府発寝台特急「富士」45分の殺意
高比良亮、栢次郎 「出雲2号」13分の空白
高比良亮、栢次郎 阿寒湖マリモ殺人事件
高比良亮、栢次郎 金沢発寝台特急「北陸」13分の殺意
高比良亮、栢次郎 札幌発「北斗星」57分の殺意
高比良亮、栢次郎 秋田発寝台特急「出羽」の殺意
高比良亮、栢次郎 西鹿児島発「金星」9分の殺意
高比良亮、栢次郎 長崎・佐世保殺人事件
高比良亮、栢次郎 都城発寝台特急「彗星」25分の殺意
栢次郎 長崎平戸殺人事件
栢次郎 函館発「日本海」27分の殺意

鏑木一行 金沢発特急「北陸」殺人連鎖
鏑木一行 寝台特急「さくら」死者の罠
鏑木一行 寝台特急「出雲」消された婚約者
鏑木一行 寝台特急「瀬戸」鋼鉄の柩
鏑木一行 新潟発「あさひ」複層の殺意
鏑木一行 新幹線「のぞみ6号」死者の指定席
鏑木一行 新幹線『やまびこ8号』死の個室
鏑木一行 西鹿児島発「交換殺人」特急
鏑木一行 東京-上野3.6キロの完全犯罪
鏑木一行 特急「あずさ12号」美しき殺人者
鏑木一行 特急「日本海」最果ての殺意
鏑木一行 特急「白山」悪女の毒
鏑木一行 特急「富士」「はやぶさ」殺人交差
鏑木一行 特急「北陸」「富士」個室寝台の接点
鏑木一行 博多・札幌見えざる殺人ルート
鏑木一行 飛騨高山に死す

薬丸俊 「函館ー上野」特急殺人
薬丸俊 信州・松本殺人事件
薬丸俊 盛岡発「やまびこ4号」殺人事件
薬丸俊 青森発特急「あけぼの」殺人事件
薬丸俊 琵琶湖周航殺人事件
薬丸俊 網走発急行「大雪」20分の罠
薬丸峻 四国発「瀬戸」殺人夜行

雨宮退介 横浜外人墓地殺人事件
雨宮退介 鬼怒川龍王峡殺人事件
雨宮退介 寝台急行「利尻」殺人事件
雨宮退介 特急「白山」殺人事件
雨宮退介 殺人新幹線「あさひ2号」

百元雄介 海軍士官殺人事件
百元雄介 東京・博多・佐世保殺人行

弟子丸貢 殺人!!博多発「ひかり4」の女
弟子丸貢 薩摩・大隅殺人半島

小銭亨 殺人特急逆転の15分
神丸斉 丹沢湖殺人事件
多門烈 殺人急行 北の逆転240秒

刀根又四郎必殺剣 1 餓鬼が斬る
双葉社
2012-09-07
峰 隆一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 刀根又四郎必殺剣 1 餓鬼が斬る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



蛇目孫四郎斬刃帖 殺し稼業・十五屋
双葉社
2012-09-07
峰 隆一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蛇目孫四郎斬刃帖 殺し稼業・十五屋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



加賀の牙 (光文社文庫)
光文社
2014-08-29
峰 隆一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 加賀の牙 (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



相馬の牙 光文社文庫
光文社
2005-09-01
峰 隆一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 相馬の牙 光文社文庫 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大奥秘交絵巻 春日局 (双葉文庫)
双葉社
2012-09-07
峰 隆一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大奥秘交絵巻 春日局 (双葉文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック